頑張ろう熊本

慶応スクール須屋校でも建物に被害があり、教室が使えなくなってしまいました。
このままでは生徒の皆さんに大変なご迷惑をかけるとの想いから、
思い切って教室を移転することになりました。

慶応スクール新しい須屋校舎

新しい須屋校舎

今回の震災では少なからずの生徒さんに心の傷を負わせているようです。

学習環境は生徒さんにとって大変重要です。

安心して勉強に取り組める環境は早急に必要な課題でした。

移転…これは塾を経営する者にとってはかなりの大きな負担でしたが、

この災害をプラスに転じるのも心の持ち方次第です。

子供たちに震災に負けない熱いメッセージになればという思いでこの移転リニューアルを決意いたしました。

今年で慶応スクールは創立30周年を迎えます。

私たちは子供たちの学力アップを通して

地域にお役にたてるよう頑張ってまいりました。

これからも震災に負けないで強く前を向いて頑張って行きたいと思います。

おかげさまで30年間に2500人近くの生徒が学び舎を巣立っていきました。

時々卒業生が遊びに来てくれます。

大学入試に合格した時など報告に来てくれるのです。

そこで私は合格できた秘訣は何かを訪ねるのです。

するとみんな口をそろえて「慶応スクールで基礎基本を叩き込まれたおかげです!」と応えてくれるのです。

それは教える側の私たちにとって本当にうれしい賞賛の言葉に聞こえるのです。

「基礎基本の徹底」なんと大切な言葉でしょうか。

人生でも、スポーツでも、音楽でも、勉強でも、最も大切なことは土台です。

基礎基本なのです。

熊本地震で被災し、創業30周年を迎えるにあたって、

私たち自身も原点に立ち返る必要があると感じています。

移転リニューアルを機に学習塾としての原点に立ち返って歩みだしたいと思っています。

新しい慶応スクールにぜひご期待ください。

慶応スクールの素敵なスタッフです!

慶応スクールの素敵なスタッフです!

新しい校舎はコチラです。

慶応スクール新須屋校

慶応スクール塾長 冨永賢宏
塾長 冨永賢宏


他塾にはまねのできない慶応スクールオリジナルメソッドとは?

週5日出席でも月謝据置き
月謝据置き他塾にはない圧倒的な学習量が成績アップを保証します。人間は一人ではどうしても自分に負けてしまうことがあります。
それで長続きしないのです。一人でできないのは人間の本性です。
そのために塾があるのです。
慶応スクールは良質の学習環境で毎日出てきて勉強ができるのです。
学習量が増えれば成績は右肩上がりに上がり続けるのです。


授業を受けるのではなく自ら進んで自習

自らすすんで勉強世の中には間違った学習観念をお持ちの方がいらっしゃいます。「授業をたくさん受ければ成績が上がる。」「詳しく教えてくれれば成績が上がる。」「マンツーマンで個別指導してくれれば成績は上がる。」・・・これは本当でしょうか?

私は30年間この仕事をしてきて、また全国250社以上の塾長先生(ミラクルロード採用塾)と深く接してきてこう断言できます。
答えは「ノー!」です。
「成績は誰かに上げてもらうものではない!」ということです。重要なことは自ら進んで「質問する」「手を動かす」「問題を解く」「何度も反復する」「間違えてはまたやり直す」この主体的な姿勢がない限り成績は上がらないのです。
見せかけの個別指導や、家庭教師では成績は100%上がりません。そう断言できます。


他塾にまねのできない豊富な学習教材

ミラクルロード慶応スクールには慶応スクールが開発した成績がみるみる上がる特許教材「ミラクルロード」があります。学習の質を極限まで上げることのできるこの教材は圧倒的に成績を上げることができます。また、テーマに応じた様々なオリジナル学習教材があります。その種類は軽く200種類を超えています。お子様の学力とテーマに合わせた学習で結果を保証します。


量は質を凌駕する

生徒が解いたミラクルロードの山量は質を凌駕するのです。
これはプロの間では当たり前のこと。量に勝る必勝法はないのです。
その上で、学習の質が高かったらどうなるのでしょうか。
これは火を見るより明らかです。
慶応スクールが目指す学習指導は見せかけではなく、学習の本質をわきまえた学習法を定着させる指導法なのです。


自立学習で自立型の人間になる

楽しそうな生徒たち慶応スクールの生徒たちは、誰一人として学習時間におしゃべりをする生徒はいません。
そして、教室に入るなり自ら教材を取り出し、進んで勉強を始めます。黙々と、1日に何時間も集中して取り組みます。
これは長年かけてコツコツと指導してきた結果、このような自立した姿勢に変わることができるのです。
依存心の強い生徒は成績が上がりません。依存心を取り自己責任で生きてゆく姿勢を育てる・・・これは慶応スクールの指導法の柱をなすものです。


道具(教材)質が勝敗を決定します

満点をとった生徒結果に出すためにはただ闇雲に量をやればいいというものではありません。
人間の進化に道具はつきものです。道具がすぐれていると効率が上がります。効率が上がると短時間で目標点に到達できるのです。その道具にあたるのが教材です。
一般に市販されている教材はどれも似たり寄ったり。生徒の学習状況を現場で見ている人間が作ったものではないのです。
慶応スクールの教材はすべて現場で実際にやらせてみて進化・発展させてきたものばかりです。だから結果につながるのです。

冨永賢宏へ直接相談

塾長 冨永賢宏
入塾をご検討されている方へ、事前に相談することができます。

もちろん、冨永自身が全て目を通してご返信いたします。

冨永へ直接相談してみる
合格者の声

熊本高等学校(普通科)
学園大学付属高等学校(普通科)

成松 佑美さん(龍田)

平成28年度高校入試合格者の声私は2年生の冬期講習から入塾しました。その時の志望校判定はDでした。それから塾で勉強し始めて,成績が伸び,熊本高校に合格することができました。

先生方,1人1人を真剣に見て下さり,それぞれに合った指導をして下さり,ありがとうございました。慶応スクールに入塾して良かったです。

これから受験生になる皆さん,楽しい高校生活を送るために,今から勉強を頑張ってください。スタートは早い方が良いですよ。今までありがとうございました。

熊本高等専門学校(情報通信エレクトロニクス工学科)
熊本学園大学付属高等学校(普通科)

志水 竜也くん(武蔵ヶ丘)

平成28年度高校入試合格者の声高専に推薦で合格しました。

僕は数学が苦手でした。高専を推薦で受験することが決まった12月の模試で数学が3年生の中で最低の点数を取ってしまい本当に焦りました。

でも、冬期講習中はこれまでにないくらいに数学を勉強しました。私立の過去問、そのやり直し、数学の神様川上先生と個別授業などさまざまなことをやりました。

そのおかげで1月模試は前回に比べ数学が13点アップしました。(偏差値13アップ!)慶応スクールにいた3年間の中で一番成績が上がったことを実感しました。

「努力は必ず報われる」その言葉は本当だと感じることのできる3年間にすることが出来たと思います。川上先生やほかの先生方、これまで支えてきてくれて本当にありがとうございました。

熊本高等専門学校(情報通信エレクトロニクス工学科)
熊本学園大付属高等学校(普通科)
文徳高等学校(普通科進特コース)

三木田 大毅くん(合志)

平成28年度高校入試合格者の声自分は第一志望である高専に合格することが出来ました。

自分は3年生の合宿の時まで勉強が嫌いでした。でも、合宿に参加したら、須屋や楠の人たちがとても集中してやっていたのでとても驚きました。そして、自分も一生懸命しなければいけないということに気づきました。

そこから自分が今まで嫌いだった勉強が嫌いじゃなくなりました。今まで悪かった姿勢も良くなりました。学府の奨学では落ちてしまいました。でもそこからスイッチが入りそのままではいけないんだと気づき、高専の受験まで死ぬ気で勉強しました。そして合格することが出来ました。

自分がなぜここまで成績が上がったかというと自分が思うにはミラクルロードで基礎を固めそして実際にテスト過去問などを解き間違えたところをやり直してノートに書きまとめるというこのサイクルがあったからだと思います。

頑張った分良い結果があると思います。1,2年生もとにかく量をつんで自分の行きたい高校に行けるように頑張ってください!

そして、川上先生や慶応スクールの先生方、今までありがとうございました。

第一高等学校(普通科)
ルーテル学院高等学校(特進コース)

濵田 真由さん(西合志南)

平成28年度高校入試合格者の声私は、慶応スクールで本当に良かったと思っています。

私は、2年生のころは全然勉強へのやる気が出なくて、2年生の勉強の内容をあまり理解していませんでした。でも3年生になって、このままではいけないと思って、夏期講習から必死に頑張りました。

私の中で、一番変わったなと思えるのは、夏期講習のときです。ミラクルロードをがんばって解いていくことで、オープン模試では第一へ行ける点数に近づくことが出来ました。

そこから点数は上がったり下がったりして、「もうだめかな」と思ったときもあったけど、あきらめないで勉強してこれて本当によかったなと思っています。

慶応の先生方にもたくさん支えられました。先生方からのたくさんのアドバイスのおかげでもあります。そして、支えてくれた友達のおかげでもあります。

慶応スクールに出会えて本当によかったです。ありがとうございました。

もっと喜びの声を読む

資料請求