もっとも成績の上がる学習スタイル

一斉指導でもなく、個別指導でもない本当の理由

一斉指導・個別指導で25年やってきました

慶応スクールはもともと1教室に20人程度で授業を行い、宿題を出し、チェックテストを行い・・という典型的な一斉指導スタイルと、生徒2人~3人に講師が一人で教える個別指導を併せ持つ学習塾でした。

ある程度理解力のある生徒は一斉指導、理解力が低い生徒は講師が付きっきりで指導する個別指導です。ところがそこには大きな問題がありました。それは、生徒が宿題をあまり熱心にやってこないということです。そのために学力を向上させるために最も大事なトレーニングがまともにでないのです。宿題という形で生徒任せになってしまうということが大きな壁でした。

トレーニングの重要性

ほとんどの生徒は部活で疲れていることや、目的意識の欠如などによりまともな自宅でのトレーニング(宿題)がおろそかになってしまうのです。それは25年間いろいろな試みでちゃんとできるように指導してきたのですが大変困難なことでした。

成績を上げる、学力を上げるために最も大事なことはトレーニングです。先生から詳しく説明を聞くといういわゆる授業を受けることではなく、頭をフル回転させ、手を動かして脳を鍛えるということです。体を鍛えることと同じです。毎日走ったり、腕立伏せをやって体を鍛えない限り体力はつかないのです。

圧倒的な学力アップが本当の目的

学力アップ
これが宿題という形で生徒任せになっていたために生徒間の学力の伸びに大きな差ができてしまっていたのです。つまり、一斉指導も個別指導も肝心のトレーニングの時間をしっかり取らない限り成績を上げることは不可能なのです。多少は成績を上げることはできます。しかし、私たちが目指すものはそういうものではありません。どのような保護者様でも納得できる、圧倒的な学力アップです。これが私たちの目指す学習塾のスタイルなのです。

それが慶応スクールが自立型学習に移行した本当の理由なのです。

では、わからないところはどうやって理解するのか?・・とお思いのことと思います。もちろん理解が足りていないところは個別に教えます。また、映像授業もいつでも受講できるようになっていますので、ピンポイントで授業を受けることもできます。大切なことは主体的に学習に取り組もうという生徒自身の姿勢であり、気持ちです。この主体的な学習姿勢と育てることこそ本当の学力アップにつながるのです。

自立型学習スタイルに到達

1日3時間週3回授業を受けるのと、1日3時間週3回みっちり塾で学習するのとどちらが学力はつくでしょうか?

その答えは明白です。授業を受けるのではなく3時間みっちり学習するほうが成績は確実に上げることができるのです。

今まで、そういう仮説の元、実験をやりながら成果を見てきました。その結果、自立型学習の方が明らかに学力を向上させることができるという検証結果を得ました。だから慶応スクールは授業をやめたのです。

自立型学習、目の前で確実なトレーニングを行う。そして、コーチングを応用した主体性の醸成。これが慶応スクールが到達した今最も新しい学習スタイルなのです。

資料請求