合格者の声

済々黌高校前期合格

溝口 英君 (西合志南中卒)
この塾で発見した偉大な方程式、それは「慶応スクール+努力=合格」である。

済々黌前期合格。これは自分にとって、この世に生まれることが出来たことの次にうれしいことかもしれない。私が入塾したのは中3の夏であった。それからの短期間でここまで成長できたのも、先生方の熱意あるご指導とすばらしい教材のおかげだろう。勉強を教えるだけでなく、精神的な部分もサポートしてくれた先生方には心から感謝したい。もちろん、自分でもかなり努力した。塾長の「うちの教材をやれば必ず点数が上がる」という言葉を信じて必死に勉強した。一日の半分以上、つまり12時間以上勉強した日も珍しくなかった。それだけの量をこなしたからこそ今の自分がある。最後に、私がこの塾で発見した偉大な方程式がある。それは「慶応スクール+努力=合格」というものである。

お母様 溝口恵様より
「『よく頑張ったね。』と子供に言いたいです。」
まず「よく頑張ったね。」と子供に言いたいです。そして志望校に合格できた事をとても嬉しく思います。学習量の多さが成績アップにつながるという先生方のご指導を忠実に守り努力しました。親としては、体が心配になるほどでしたが粘り強くがんばりました。これも先生方、応援してくださった皆さんのおかげでもあると感謝しています。この受験を経験して、又一つ、成長できたと思います。