合格者の声

文徳高校 専願合格

西合志南中卒 男子

私は一・二年生の頃、あまり勉強していませんでした。その頃、受験のことをあまり意識していなかったからです。しかし、そのせいで三年生になってとても苦労しました。一・二年の基礎が全くできていなかったからです。だから、私は春期講習、夏期講習に参加しました。春期・夏期講習では、できるだけ単科をとり、一・二年の総復習をしました。一日約七時間勉強するのは、とてもきつかったですが、一生懸命がんばりました。そのおかげで、結構基礎が身に付いたと思いました。その後、さらに勉強するために冬期講習にも参加しました。冬期講習では、実際に過去問を解いて問題の傾向を知ったり、問題に慣れたりしました。それから、日曜単科講座にも積極的に参加し、毎日朝から夕方までずっと塾にこもる生活ばかりしていたので、精神的にとてもきつかったですが、入試は将来にかかわるので必死でがんばりました。そして、そのおかげで文徳高校に合格することができました。私は、この塾に入塾してとてもよかったと思っています。先生方は優しく、とても丁寧にいろいろなことを教えてくださいました。この塾で経験したことを、高校生活に役立てたいと思います。