合格者の声

大津高等学校(普通科普通コース)
尚絅高等学校(普通科普通コース)

村田 春美さん(北部) 春美さん(北部)

平成27年度高校入試合格者の声勉強が大っっ嫌いで、学校の定期テストも全く勉強していなかった私が、3年生の夏、慶応スクールに入塾し変わりました。本当は塾なんて行きたくないのに、しぶしぶ親に言われて入れられた塾だったけど、入ってからは一変、「なぜもっと早く入らなかったのだろう」と今まで怠けていた自分の愚かさをとても悔みました。大嫌いだった勉強も学ぶことが楽しいと感じることも多々ありました。今までの自分からすれば考えられない感情でした。
でも、そういう風に変わることができたのは先生方と同じ中学校の仲間、そして塾で出会った新しい仲間のおかげです。
やればやるだけ成果が出る塾長のミラクルロードと大切な仲間がいたから、本当は辛いであろう受験勉強も本当に楽しく乗り越えられました。実は、最初は、みんなに会うのが楽しくて通塾していた面もありました(笑)。だけど、そうしているうちに不思議と勉強も楽しめるようになってきたんです。自分の中の「勉強は苦手だ。嫌いだ。」という固定観念が動いたんです。予習を取り入れた定期テスト対策のおかげで、授業が復習になり、今まで憂鬱だった数学の授業もスイスイついていくことができて、とても嬉しかったです。

日曜特訓では、3校舎が一同に集まりフル集中の中、もくもくと勉強に取り組みました。同じくらいの志望校の人は、どんな勉強をして、どのくらい進んでいるのかなど、勉強の仕方の観察をすることもでき、良い経験でした。それに、私の隣の席の子が北高志望者だったため、ペースが遅い私にとって良い刺激となりました。

私立入試前の結団式では、はちまきもらって、みんなでお互いにエールを書き込みました。あのたくさんの想いが詰まった必勝はちまきは、本当に本当に一生の宝物です。大人になってもずっとずっと宝物です。帰る時に先生とした握手からは、「がんばれよ!」というみんなへの想いが伝わってくるうでした。とうとう本番が来るのかと思うと絶対受かるぞという強い意志と、もう終わってしまうのかという寂しい気持ちでいっぱいになりました。

公立後期入試前日の夜には、母の送迎の車の中で、慶応スクールを卒塾しなければならないという寂しさと、いよいよ本番というドキドキで涙が溢れてしまいました。
それだけ私は慶応スクールが大好きでした。それに慶応スクールでの思い出は勉強だけじゃありません。休み時間のおしゃべりやごはんをみんなで買いに行ったこと、夏期講習で、みんなで空を見上げて金皆日食を観察したこと、まだまだ思い出はたくさんあります。こんなこと慶応じゃなきゃ体験できません!私は慶応スクール塾生でいられたことを誇りに思います。沢山悩んで、沢山笑って、沢山泣いた(笑)一年でした。そして春には、また笑うことができました。

慶応スクールで体験したこと、学んだこと、感じた事、考えた事、全て、これからに大いに活かしたいし本当に大切にしていきたいです。慶応の皆、
まじで愛してる!!大好き、大好き、大好きっ!!