圧倒的に成績を上げる夏期講習(H29.8月号)

暑い日が続きます。1学期の終業式も終わり、いよいよ夏期講習が始まります。

 

夏休みは約40日間近くあります。この40日間をどう過ごすか?毎日10時間学習すれば400時間にもなります。これは1日3時間半学習する通常の毎日と考えると4か月分にも匹敵する時間数です。

 

入試まであと7ヶ月です。これが、11か月に増えるという勘定になります。量は質を凌駕するといいます。勉強をして成績を上げるというのは意外と単純です。

 

基礎基本をおろそかにせず、何度も何度も、体にしみこませるように反復すればいいだけのことです。慶応スクールには他の塾にはない強力な武器があります。そうです、ミラクルロードがあるのです。これをやればいいだけのことなのです。

 

30年もの長い年月をかけて、現場で作り上げたミラクルな教材です。実力テストで点を上げるための教材です。

 

中3生は中1,2年の内容を2回反復しましょう。170冊が目標です。1日4冊ずつやれば40日間で160冊やれることになります。

 

中2生はその半分で80冊、中1の内容と、1学期の内容を2回。。中1は1学期の内容と、2学期の予習で30冊。ちょっと多めですが、あくまでも目標です。

 

もし、これがやれたら・・・すごいことになります。びっくりするほど成績は上がります。それは今までの先輩たちが証明しています。

 

今年の夏期講習でぜひ人生を、未来を変えていただきたいと思います。頑張りましょう!



記事タイトル一覧に戻る