平成28年熊本地震に関する緊急のお知らせ(H28.5月号)

保護者様各位

 

この度熊本県は震度7という大きな地震に見舞われ、熊本県各地で甚大な被害がもたらされました。慶応スクールが位置する熊本市、合志市ともに震度6強という今までに経験したことのない大きな揺れでした。教室内はものが散乱し足の踏み場もないほどめちゃくちゃな状況でしたが、何とか整理し、使用できる状況となりました。

被害にあわれた方々におかれましては大変なお悔みとお見舞いを申し上げます。

 

慶応スクールに置きましても一部被害が発生しました。

 

■須屋校

教室の西側の壁が大きくひび割れ、現在早急に耐震性の調査を行っております。その間、教室の使用が不可能なため向かいのビルの1階の部屋を借り入れ、代替の教室とするような準備を進めております。照明等の工事が必要なため授業の再開は427日(水)からとなります。

 

■楠校

教室に損傷はなく、予定通り425日(月)から再開させていただきます。

 

■杉並台校

教室の入り口のガラス製の大きなドアが破損しました。応急の修理で損傷は修復いたしました。教室に損傷はないため、425日(月)より授業を再開させていただきます。

 

また、授業再開に置きまして、市内の中学校が休校のところもあるようです。ゴールデンウィーク前までは午後の時間を生徒に開放して勉強できるように準備を進めております。

慶応スクール塾長 冨永賢宏

 



記事タイトル一覧に戻る