ミラクルロード(H28.3月号)

慶応スクールが開発した学習メソッドとその教材ミラクルロードは現在全国約220社以上の塾に採用されています。そして、その中には本家の慶応スクール以上に実績を出されているところも数多くあります。

 

ミラクルロードは生徒たちが「何を」「どのように」「どれだけやれば」効率よく成績を上げることができるのか、そのプロセスを具体的に明確にした教材です。

 

このミラクルロードを開発したことによって学校の定期テストで成績を上げることは簡単にできるようになりました。まず、ミラクルロードで基礎基本の定着を図る。次に学校ワークを3回反復する。たったのこれだけで8割以上の点数は確実にとることができます。

 

要はそのプロセスを忠実にやれるかどうかにかかっています。また、成績を右肩上がりに上げるための学習時間も明確です。1教科週に5時間です。5教科であれば週に25時間となります。つまり1日に3時間半の学習時間です。これは成績上位の生徒はみなやっていることです。学習時間が少ないと成績は上がりません。ここがカギを握っています。

 

人間は努力するということが苦手な生き物です。特に中学1,2年生のころは部活動も忙しく、疲れ果てて家に帰って来るので、なかなか勉強の時間を確保することが難しい場合もあるようです。できることなら3時間半も机に向かわなくても…その半分ぐらいで成績を上げることができればこんなにいい事はないですよね。

 

しかし、筋肉をつけて体力を向上させるためには腕立て伏せの回数は少ない回数よりも、より多く行う方が筋肉は発達するのです。これは自然の摂理です。自然の摂理に反することは実現できないのです。脳も同じなのです。

 

しかし、分かってはいるものの一人ではなかなか実行することはできないものです。それであるならば毎日塾に出てきて勉強すればいいのです。そこで、28年度、新中3生は毎日塾に出てきても月謝は週3回と同じ金額にすることに決定いたしました。

 

春期講習からバンバン先取り学習を開始します。そして、夏休みまでに3年の内容を終了する予定です。詳しい解説授業も復活します。授業と自学演習をうまく組み合わせて、今まで以上に生徒の成績を上げたいと思っています。

 

また、ミラクルロードがインターネット上でパソコンでできるシステムも開発しました。3月中には実用化ができると思います。スマートフォンでもできるようにする予定です。テスト前は短時間で総復習ができるようになります。

 

今年の目標は全員の偏差値を10点以上上げることです。今年も全力で生徒たちの成績アップに取り組んでまいります。常に進化し続ける慶応スクールに。



記事タイトル一覧に戻る