基礎基本で落とすな!(H28.2月号)

合否の明暗を分けるもの…

 

それは取るべきところでちゃんと取れるかと言うことです。

 

2月のこの時期は過去問をやったり、

いろいろな問題にあたらなければなりません。問題の傾向を知るこれももちろん重要なことです。

 

しかし、肝心の基礎基本で落としては絶対にいけないのです。

 

なぜなら、正答率の高い問題で落とすと

不合格になる確率がグンと跳ね上がってしまうからです。

 

単語の綴りミス、

基本構文のミス、

計算問題、

漢字の間違い

これらは絶対にやってはいけないこと。

 

ではどうするか…?

 

学習時間の2割は基礎基本の反復が必要なのです。毎日のチェックテストを軽く見ないこと。

間違ったところをそのままにしないこと。

 

間違ったところはその場で完璧に覚えてしまうこと。そのためには何回も書かなければなりません。

 

重要構文がどうしても覚えられないときはどうするか。

 

文章を200回声に出して暗唱してください。一生死ぬまで忘れません。

 

中1,2年生も3学期期末テストが近づいています。間違い直しがカギを握っています。

 

問題を多く解けばいいというものではないのです。1ページ、1ページ完璧に覚えるように意識しながら毎日の勉強を行ってください。

 

毎日の勉強が受験本番と思って

真剣に取り組みましょう。

 

必ず合格の女神は微笑んでくれます。

受験生諸君、健闘を祈ります。



記事タイトル一覧に戻る