2学期中間テストで最高点を!(H27.10月号)

めっきり涼しくなって秋の気配が感じられる今日この頃です。 中3生は2学期中間テスト対策と第2回共通テスト対策で勉強に追われる日々ですが、みんなよく頑張っています。

日曜特訓もたくさんの生徒の皆さんが参加してくれて、充実した特訓になっていると思います。

中1,2年生も日曜祝祭日返上で教科別集中特訓を行いました。授業と演習を交互に織り交ぜながら中間テストを目指して頑張っています。

ただ、残念なことに出席率が非常に悪いようです。この特訓のために特別に教材も準備し、内容の濃いものを提供できるように講師陣は頑張っています。もっと積極的に参加してほしいと思います。

 

中3になると学習内容は格段に難しくなってきます。基礎力がしっかり身についていない生徒は成績アップに大変時間がかかってしまいます。

おまけに中3の内容だけではなく中1,2年生の内容も学習しないといけません。時間が足りないのです。

特に英語・数学は中1,2年時の基礎力がものをいう教科です。その積み重ねが弱いとなかなか点数に反映できません。そして、途中であきらめてしまうことになってしまうこともあります。

本来なら勉強を始めたらすぐにでも結果に出てほしいところなのですが、これが生徒それぞれ、すぐに結果に出る生徒もいれば、何カ月も時間がかかってしまう生徒がいるのも事実です。

 

しかし、結果は必ず出ます。それを信じて毎日頑張ってほしいと思います。中間テストは学校のワークから中心に出題されます。学校ワークを完ぺきにできるようにすれば必ず高得点が取れます。

間違ったところは天才ノートに必ず書き込んで何度も反復しましょう。間違ったところさえできるようになれば点数は取れます。

要は身体にしみこむほど反復を行えばいいのです。わからないところ、理解できないところは必ず質問してしっかり理解してください。

 

スタッフ講師はそのためにスタンバイしています。

受け身の姿勢ではなく積極的に学習に取り組むように心がけましょう。テスト前は毎日塾に出てきてください。

やる気をもって、学習の質を上げ、学習量をこなす。これが成績アップの方程式です。誰でもできます。2学期中間テストは最高点を目指しましょう!



記事タイトル一覧に戻る