ミラクルロードは進んでますか?

こんにちは、冨永です。

暑い日が続きますが、勉強ははかどっていますか?

私が主催する慶応スクールでは生徒たちは毎日ミラクルロードとの戦いを繰り広げています。

中でも驚きは夏期講習、今日8月9日で明日からは3泊4日の合宿に入るのですが、

すでに、130冊もやってしまった生徒が出てきました。

7月23日から始まっているのでちょうど19日目です。

1日平均7.2冊を説いている勘定になります。

もちろん中学3年生です。

その解くスピードが半端ではありません。

理科や社会は3回目になるので1冊1時間たらずでやってしまいます。

どれくらい力がついているかを見るために

昨日去年の模擬テスト問題でテストをやらせてみました。

すると、偏差値が68でした。

4月  → 6月 → 8月(今回)

53   57   68

というすごい伸びです。

ミラクルロードは解いた冊数と成績の伸びは明確に相関関係があります。

やった量に比例して点数は上がってきます。

もちろん、中1,2年生も同じです。

中学1年生は正負の数の2回目をさせましたが、これも驚きです。

たった1時間で1冊を解いてしまうのです。

申し上げておきますが、

慶応スクールの生徒はもともとできる生徒ではありません。

ただ、1学期に徹底してミラクルロードと学校のワークを反復しただけです。

今日はミラクルロードを1年で400冊解いた生徒の

体験発表の貴重な映像があります。

それをお見せします。

慶応スクールの夏期講習説明会での発表です。

約5分間です。

きっとお役にたつと思いますので是非ご覧になってください。



記事タイトル一覧に戻る