入試と新年度に向けて(H16.2月号)

入試と新年度に向けて

 いよいよ入試が始まりました。

中3生、高3生ともにまさに入試戦線まっただ中という状況です。私を始めとする職員は1月に3学期が始まってからというもの全く休めない状況で3月の公立高校の入試が終わるまでは当分休みは取れそうもありません。

その入試に向けた忙しさの中、新年度の準備もあるわけで、おかげで私の机のまわりは書類の山。「アレがない!」とだれかが言うと決まって私のまわりにあるという有様。時間がないので片づける前に次の仕事に取りかかってしまうからこんな状態になるのですが、とにかく仕事を済ませてからまとめて片づける習慣がなかなか抜けないのです。

さて、新年度のことですが今年から一年の流れと授業制度、時間割等を若干変更したいと考えています。是非みなさんに知っておいていただかなくてはならないことですので少々ここで述べさせていただきます。

まず、新年度の授業の始まりを3月8日(月)からということにいたします。各学年3月から新学年とさせていただきます。また、授業時間も若干の変更を行います。例えば授業の始まりの時間や1コマの授業時間が変わります。通塾する日数も週2日または3日という選択になります(新中3は週3日のまま)。

生徒たちや保護者の負担、終了時の時間等々できる限り改善して通塾いやすい形に変えてゆきたいと思っています。詳しくは今月2月22(日)、29(日)、と3月14日(日)にその説明会を行いますので是非ご出席下さいますようにお願いします。 当日は本年度の私立高校の特待生の合格状況もお知らせできるかと思います。いろいろ熊本県の入試制度も変わってきています。また、指導要領が新しくなって入試の内容も今年からかなり大幅に変わるかと思えば、学力低下の批判によりまたまた文部科学省では指導要領を改訂するというおそまつな状況です。そのおかげで憂き目を見るようなことのないよう保護者の皆様も是非積極的に教育に関わっていただきたいと思います。当日はいろいろな資料も用意する予定です。是非ご参加下さいますようお願い申し上げます。

また、当日はこれから入塾を考えていらっしゃる保護者の方もご参加いただけますので、ご近所やお友達にそのような方がいらっしゃいましたら是非一声かけて一緒にお越し下さい。

みなさんお忙しいこととは思いますが、新年度に向けて一緒に子どもたちをはぐくんでゆきましょう。よろしくお願い申し上げます。



記事タイトル一覧に戻る