46231 46232 46233

 

こんにちは、慶応スクールの塾長富永です。

 

熱海では大変な土石流の災害が起こりました。

ここ熊本では、例年であれば今頃大変な雨が降る季節です。

いわゆる集中豪雨です。

 

毎年ものすごい雨が降っていました。

そのため、阿蘇の外輪山の山肌は決まって土砂崩れが起こっていました。

そして、地域の住民に大きな被害が出ていました。

 

去年は球磨川が氾濫しましたが、

100年に一度という大雨だったようです。

 

どこに大雨が降るのか予想がつかなくなってきましたね。

これも気候変動の影響なのかなと思います。

被害にあわれた方々には心よりお悔やみを申し上げるとともに、

一刻も早い復興をお祈りしたいと思います。

 

さて、

実は私の住むマンションは庭も何もない

殺風景な部屋です。

で、去年プランターを買ってきてベランダに置き、

花を植えたりしていたのですが、

水をやり損ねて枯らしてしまいました。

 

去年の夏から、スイカを食べるたびに

プランターにその種を置いていた(捨てていた?(笑))のですが、

一向に芽が出る気配もなく、

その存在すら忘れていました。

もう種も枯れてしまったものと思っていました。

 

ところが、ところが、びっくりすることが起きました。

そのプランターから

なんか雑草のような植物の芽が生えてきたのです。

なんの植物なのか全くわからなかったので

放置状態だったのですが、

枯らすのはかわいそうだと思って

時々ですが、水だけはやっていました。

 

そして、久しぶりに見てみると

ナ、ナ、ナント!直径5センチほどのスイカがなっているではありませんか!

水もいい加減にしかやらずに

ほとんど放置状態だったのに

スイカの種は生きてたんですね~!

なんかうれしくて感動してしまいました。

 

水はちゃんと与え続けないといけないですね。

そうすると、忘れたころにこうやって芽が出るんですね。

 

いや~感動です。

教育も同じだな~と改めて思った次第でした。

絶えずプラスのストロークを返し続ける。

そして、水を(できたら肥料も)与え続けると

それに応えてくれるんですね。

 

いつ花開くかわからない子供たちの才能は

まさに、このスイカの種と同じように思います。

 

写真を貼り付けますのでぜひご覧になってください。

超かわいいですよ!

なんか娘に孫が生まれたような感覚です。

 

子供たちはまだ種の状況です。

しかし必ずいずれは大木となります。

それを信じて水を与え続けましょう。

必ず応えてくれる日がやってきます。

それを実現できるかどうかは

 

お母さん、あなたにかかってますよ。

そして慶応スクールのスタッフの皆さん

あなたたちにもかかっていますよ。

(もちろん私にもかかっております。(自覚))

 

では、また教育、子育てなどいろいろな情報をご提供していきますので

ぜひ読んでくださいね!

それでは、暑い夏に負けないよう頑張りましょう!

富永健康

追伸:

この記事を読まれた方

よろしければぜひコメントをお願いします。

コメントをいただけるとがぜんやる気がわいてきます。(笑)