自分を信じて!

 

こんにちは、塾長の冨永です。

夏期講習も終わり、いよいよ2学期です。

3年生は正念場、この2学期が合否を決めるといっても過言ではありません。

 

毎年夏期合宿を行っているのですが、

今年は合宿に行けない生徒もいるため

今年は日帰り合宿としてその生徒たちのために教室を開けました。

 

でも、先生がいないので、私が1人で指導することになりました。

丸1日(11時間)×3日間なのでかなりしんどかったのですが、

そこですごい発見をしました。

というか、確信したといった方がいいと思います。

 

3年生で一生懸命にミラクルロードに取り組んでいる生徒がいました。

社会のミラクルロード、1ページ目の一問一答、全滅・・・

つまり全問不正解。次のページも全滅。

 

今までやったミラクルロードを見ると

どの教科も全滅状態なんです。

一問もマルがないんです。

2回目にやっと半分くらいがマルになるという感じです。

 

それでもけなげに一生懸命に取り組んでいるのです。

3年生は時間がないので全員ミラクルロードからさせていたのですが、

あまりにも時間がかかっているので、

 

NEOからやってみるか?と本人に聞くと「はい!」と言うので、

NEOをやらせてみました。

社会の⑮です。

 

するとどうでしょうたったの50分で1冊やり終えましたのです。

次にミラクルロードの⑮をさせたら

何と、1時間で1冊終わらせてしまいました。

 

本人に感想を聞いてみると、こちらの方がわかりやすい、

頭に良く入る。と明るい表情で話してくれました。

 

それまでは悲壮感まではいかないけど、それに近い表情で、

必死でミラクルロードに取り組んでいたわけなんですが、

1冊2時間ぐらいかけてやってましたが、ミラクルロードの後半も間違いの多いこ。

 

これではやる気を失ってしまいます。

敗北感・・・これは絶対に生徒に味わわせてはいけないのです。

モチべーションダダ下がりになるからです。

 

ところが、NEOをさせると次のミラクルロードがスラスラ解けるんです。

チャイムが鳴ってもやめようとしないんです。

NEO⇒ミラクルロード。この組み合わせは本当にすごいです。

 

それを見ていた女の子たちが私もNEOがやりたいと言い出して

やらせてみると、食いつきがすごい。

同じように1冊50分で終了です。

次に同じ単元のミラクルロード。

これもスラスラ解けている。

 

集中力が途切れない。

この生徒もミラクルロード1冊1時間で終了。

NEOとミラクルロード2冊で2時間です。

 

今までミラクルロード1冊に2時間ぐらいかかっていました。

所がNEOとミラクルロードで2時間です。

かかる時間は同じ。

 

なのに、モチベーションは上がる、

 

集中力が途切れない。

はまり方が半端じゃないんです。

感想を聞いてみると、「こっちの方がすごくいい!」ということでした。

 

かかる時間は変わらないのに2倍の量をこなすことができて、

頭にもしっかり残る。

最強の組み合わせだと実感しました。

 

中1,2年生もばっちりです。

中1生は数学NEOのおかげで1次方程式が終わる生徒も出てきました。

 

数学NEO⇒ミラクルロード基本⇒ミラクルロード応用

これで数学は完璧です。

 

慶応スクールは基本自立型学習です。

分からないところは質問、または映像授業です。

それで自分からどんどん先に進む生徒が出てくるのです。

やる気にさえなると自分でどんどん先に進むことができるのです。

 

結果に必ず出る自立型学習法です。

慶応スクールが目指す学習スタイルです。

 

基礎力の弱い生徒でも結果が出ておまけにやる気も出る。

その上無意識のうちに集中してしまう、

そして学力が間違いなくつく、

やる気も超アップ

 

手ごたえを感じるので学習量が増える。

まさに理想の学習法だと思っています。

 

NEOにしてもミラクルロードにしても作るのは大変なことでした。

出も頑張って作ってよかったと思ってます。

 

全国200社近くの学習塾でも使ってもらっています。

2学期中間、期末、3年生は第2回共通テスト

必ず成績は上がります。

慶応スクールの学習法を信じて自分の新しい可能性を花開かせましょう。