こんにちは。須屋校の藤川です。

最近は、暑い日が続いていますね。

気温が高いだけでなく、湿度もかなり高く蒸し暑いので、

少し外を動くだけでも汗が噴き出してしまします。

先日、外でちょっとした作業する時間があったのですが、

ほんの1時間程度日の当たるところで作業しただけで、

その後軽い熱中症のような症状が出てしまいました。

気を付けて水分と塩分をこまめに補給していたのですが…。

皆様も熱中症にはくれぐれもご注意下さい。

 

そんな中、生徒たちは元気に塾に来てくれています。

特に中3生は、中体連で部活も終わって受験生としての自覚ができてきたのでしょう。

学校が終わってからすぐに塾に来て勉強しています。

勉強時間が増えた分、ミラクルロード(慶応スクールが開発した教材)の提出冊数もどんどん増えてきています。

これで一クラス分です。一人平均2冊は出しています。

一クラス分です。一人平均2冊は出しています。

 

 

 

 

 

 

この動きをもっと加速させて、生徒たちに約束している

「夏期講習だけで学年の平均偏差値6アップ」

を実現したいと思います。

 

これは非常に野心的な目標です。

長年塾で教鞭をとっているので、この目標がどれだけ難しいかもよく知っています。

でも実現は可能だと思っています。

 

3年生1学期の期末テストで、2年生3学期期末テストから5教科で127点アップ(100点満点換算)させた生徒がいました。この生徒は前は別の塾に通っていて、春から慶応スクールに参加してくれたのですが、期末の結果が出るとすぐに笑顔で報告してくれました。

本人曰く「平均点をはじめて超えた」そうです。

左が2年の3学期期末テスト(500点満点)で、右が1学期期末テスト(250点満点)。上が本人の点数で、一番下が学年平均です。

左が2年の3学期期末テスト(500点満点)で、右が1学期期末テスト(250点満点)。上が本人の点数で、一番下が学年平均です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような自信に満ちた生徒の笑顔は、一度見ると病みつきになります。

我々の原動力です。

夏期講習が終わった時に、一人でも多くの生徒の自信に満ちた笑顔を見るために、

我々と生徒と、そしてご家庭で一丸となって取り組みたいと思います。