高校生の部

高学部コースの特徴

国立大学医学部・旧帝大へ現役合格

生徒イメージ
慶応スクールでは、日本の難関大学に多数の合格者を輩出している日本トップクラスの講座である「市進ウイングネット」・「Z会の教室映像」という映像授業を受講できます。

そして、この質の高い映像授業を使い、国公立大学の医学部や旧帝大への現役合格を目指します。

具体的には、映像授業を使って英語の早期修得をすすめて、高2の8月にセンター試験レベルの英語テストで140点を取ることを目標としています。

高2の夏にセンター試験レベルの英語で140点取れれば、医学部や東京大学をはじめとする旧帝大レベルの合格可能性がぐんと高まります。

下の表は、入塾時からのセンター試験レベルの英語のテストの推移と実際センター試験本番で何点を取りどこの大学に合格していったかを表したものです。

  高1 高2 高3 合格大学
(現役)
名前 8月 10
月 
1月 4月 6月 8月 10
1月 4月 6月 8月 10
本番
  68 74 84 94 130 149 161 149 145 179 188 200 東京外語大(国際)
81 116 127 134 132 149 187 161 164 190 176 179 194 慶応大
(経済)
      70 103 117 156 163 166 150 178 184 200 大阪大
(経済)
58 98 116 142 164 148 135 164 169 174 190 京都大
(工学部)
79 55 95 74 120 142 154 160 177 171 190 182 186 同志社大
(理工)
39 115 86 112 120 126 113 126 146 173 164 155 185 北海道大
(総合理系)
98 101 139 156 152 162 160 184 165 194 192 180 名古屋大
(経済)
77 85 126 94 125 130 134 155 154 163 169 175 千葉大
(工学部)
138 151 181 173 191 鳥取大
(医学部)
102 137 123 145 134 141 143 166 184 174 166 広島大
(教育学部)
54 61 90 105 125 105 152 163 148 184 167 175 明治大
(文学部)

慶応スクールがご提案する学習モデル

慶応スクールがご提案する学習モデル 一覧

ただ、「国立大学医学部や旧帝大への現役合格」はひとつの例えであり、「医学部や旧帝大への現役合格ができるほどの学力をつけること」を意味しています。
ですので、国公立大学医学部や旧帝大を目指す高校生はもちろんですが、熊本大学の他学部や他の大学を目指す高校生も大歓迎です。

映像授業の紹介

慶応スクールの映像授業は、市進ウイングネットの「ウイングネット本科」・「ベーシックMAX」、そしてZ会の「Z会の教室映像」と大きく分けて3タイプあります。

生徒イメージ

生徒イメージ
これにより自分のレベル・志望校に最適の映像授業で勉強することが出来ます。さらに映像授業なので、分かるまで何回も繰り返し授業を受ける事が出来ます。

部活などであまり塾に来られない人も、時間のあるときにまとめて映像授業を受けることも可能です。

時間に余裕がある人は毎日塾に来て、映像授業で勉強することもできます。
座席に余裕のあるときは、自習もできます。

ウイングネット本科

大学受験は情報戦です。入試情報もさることながら、「入試では何がどのように出題され、点を取るための対策はどのようにすべきか?」という学習面においての情報も、大学受験で成功するためには必要不可欠です。

ウイングネット本科のカリキュラムでは、質の高い授業だけでなく、それぞれの学年において、「何をどのように勉強すれば良いのか」、「入試ではどのように問われるのか」といった入試に必要な学習情報も網羅されています。

ウイングネット本科には、志望校のレベルに合わせた複数の講座が用意されているので、大学受験を考える高校生にお薦めの講座です。

ベーシックMAX

大学受験に向けての「ゆるぎない基礎力」をつけることを目的としています。「ゆるぎない基礎力」とは、教科書を完全に理解することです。そのための最適な映像教材が、高校生ベーシックMAXです。

Z会の教室映像

東京大学など、最難関の国公立大学を目指す人にぴったりの講座です。

最難関の国公立大学を目指すのにふさわしい、合格力を養成するハイグレードな映像授業、そして目標に応じて効果的に学べるZ会オリジナルのテキストがあります。

また、二次試験対策としての答案作成力を高める添削指導を行います。

詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

また、下記ホームページもご参照ください。
ウイングネットHPはこちら>>

資料請求